神奈川県救護赤十字奉仕団横浜分隊ホームページ運用規定

(趣旨)
第1条 この規定は神奈川県救護赤十字奉仕団横浜分隊(以下当分隊)におけるホームページの管理及び運用について必要な項目を定めるものとする。

(ホームページの目的)
第2条 当分隊ホームページの公開目的は次の通りとする。
(1)赤十字理念に基づき特殊奉仕団としての活動の意義や特色を広く一般に公開する。
(2)当分隊の諸活動を一般に公開し、赤十字理念や活動への理解と協力を得るために活用する。
 (3)その他、当分隊の諸活動をより充実、発展したものにするために活用する。

(責任者)
第3条 当分隊ホームページに掲載された情報についての責任者は当分隊長とする。

(システム管理者)
第4条 責任者はホームページ作成の適正を図るため、分隊員から「システム管理者」をおくものとする。
(1)システム管理者は、当分隊ホームページを作成する統括管理者として管理及び運営にあたる。
(2)システム管理者は、個人情報保護に慎重に対応するため、当分隊が作成したデータをチェックし、当分隊の定めるサーバーを通じて情報を掲載する。

(禁止事項)
第5条 当分隊のホームページ作成にあたっては、次の各項に拳けるものの記載はこれを禁止する。
(1)第2条の目的にそぐわないもの。
(2)作権・知的財産権・個人情報保護等の法令に定める権利を侵害するもの。
(3)当分隊員及び掲載される対象者のプライバシーを侵害するもの。
(4)当分隊が知り得た個人情報等の守秘義務に違反するもの。
(5)個人的な情報発信を目的としたもの。
(6)個人や団体を誹謗・中傷・差別するもの。
(7)分隊員内外を問わず掲載の了承が得られないもの。
(8)その他、法令や情報の倫理、社会慣行など公序良俗に反するもの。


(ホームページによる情報の発信)
第6条 写真や個人情報の発信は次の通りとする。
(1)当分隊員の情報を発信する場合は本人の同意を必要とする。
 (2)分隊員の氏名は掲載しない。但し必要がある場合は本人の同意のもと掲載することができる。
 (3)当分隊員の写真を使用する場合は、事前に本人の同意を得て、個人が特定できないように配慮する。
 (4)住所、電話番号、生年月日などの個人情報は掲載しない。
 (5)分隊員から写真の修正や掲載中止の要請を受けた場合、速やかに適切な処置を行なう。
 (6)上記(1)から(5)については分隊員以外の情報を発信する場合も同様とし、同様に個人情報管理に努める。

(著作権の表示)
第7条 各ページの著作に関しては、当分隊が有するものとする。

(データの保護)

第8条 ホームページの運用に当たっては、外部からの侵入やコンピュータウィルス等による被害の予防に努める。また、ホームページを利用して受信した個人情報(メールアドレス等)があった場合、データの保護に努めるとともに、他に複製して
はならない。

(個人情報の収集)
第9条 個人情報を収集する場合には、収集目的を明記し、必要な範囲で個人情報を収集する。

(規定の見直し)
第10条 ホームページの技術の進歩に伴い、この規定に示した事項の見直しの必要が生じた場合は、速やかに規定の見直しを行なう。

附 則
この規定は令和元年6月1日から施行する。

Copyright (C) 2019 jrc-kanagawa-yokohama volunteer rescue service. All Rights Reserved.